阿蘇 光インターネット

事業の経緯

事業の背景

情報通信基盤において、これまでは民間サービスによるADSLの支援、阿蘇テレワークセンターによる独自無線インターネットサービスの整備など、地域におけるブロードバンド通信の普及を推進してきました。しかしこれら既存の通信規格はサービス範囲が局舎から数kmに限定されるため、十分な品質でサービスを提供できるエリアが限られていました。

このままでは、通信条件の良い地域と悪い地域の間で情報格差が発生することが懸念されます。とはいえ、民間資本によるブロードバンド通信の整備は採算性の観点から難しいのが現状です。

そこで阿蘇市および産山村が共同で基盤整備を行い、情報格差解消にとりくむことになりました。

事業の目的

阿蘇市・産山村共同で全世帯に光ファイバー網を構築し、独自の超高速インターネット接続サービスを提供します。この光ファイバー網を住民の皆様や地元産業の皆様に提供することにより、地域内における情報格差を解消し、安心・安全なまちづくりと住民の皆様へのサービス向上・地域活性化を目的としています。

事業の内容

事業の内容

阿蘇市・産山村の全域にFTTH(※)方式の光ファイバーケーブルを敷設し、全世帯にIP告知端末(お知らせ端末)による各種情報の提供や、光インターネットが利用できる環境を整備します。

※FTTHとは、Fiber To The Home(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)の略で、光ファイバーを伝送路として一般個人宅へ直接引き込む、光通信の網構成方式である。

配線イメージ

光ファイバーケーブルを電柱に架け、各家庭・各事業所へ配線・接続いたします。

配線イメージ

費用のご負担

初期工事費

初期工事費とは、光ファイバーを電柱から各家庭へ引き込むための配線工事のことです。お知らせ端末が設置されていない場合、また新たにONU(光変換装置)を設置する場合は初期工事費がかかります。工事は阿蘇市・産山村が指定する工事業者になります。

工事の概要は次のページでご覧下さい。「阿蘇インターネット光」初期工事の概要

ONU(光変換装置)以降の接続機器

ONU(光変換装置)以降のLAN配線やインターネット接続に必要な機器(LANケーブル・パソコン・ ブロードバンドルーター等)はお客様でご準備ください。

サポート

その他機器の設置・設定および接続については、平日9:00~17:00まで。また、その時間で土日祝日を含め、お電話によるお問い合わせを無料で受け付けております。出張サポートが必要な場合は有料となります。

どんなことができるようになるの?

お知らせ端末による各種情報の提供

  • お知らせ放送
    行政・イベント情報などを放送
  • テレビ電話
    テレビ電話は阿蘇市・産山村内通話無料
  • 緊急防災情報
    火事などの緊急防災情報
  • くらしの便利帳
    ゴミのカレンダーなど生活に必要な情報を随時提供

超高速インターネット

  • ADSLや無線インターネット比べ、光はとにかく速い
    (※ダウンロード速度で比較すると、ADSLは5Mbps、無線は3Mbps、光は30Mbpsほど。ただし回線の混み具合で変動します)
  • ADSLや無線インターネットのように、局舎から離れると速度が落ちるという心配がない
  • ADSLと比べても光の値段はあまり変わらず、高品質な通信環境を利用できる
  • これまで常時接続のインターネットが利用できなかった地域でも定額でインターネットを利用できる
ページの先頭へ